あなたの子どもがおむつモデルに?

鼻のかみ方、どうだっけ?

 おはようございます。

今日から12月ですね!

いよいよ今年も残すところあと1ヶ月です。

 

そして、冬もこれからが本番!

風邪シーズン到来です。

なので本日は、子どもに鼻のかみ方を楽しく教える方法をご紹介します。

 

子どもが風邪で、鼻が詰まって息苦しそうな時ありますよね。

鼻詰まりをそのままにしておくと、中耳炎になる危険もあります。

ただでさえ風邪で辛いのに、更に辛い思いをするのはかわいそうですよね。

なので、鼻をかませようとするのですが、逆に鼻水を吸ってしまったり…

鼻から息を出す方法を教えるのが難しいのです。

 

 

 私も長女にうまく鼻のかみ方を教えることができず、困っていました。

ですが、長女が先日保育園で鼻のかみ方を覚えてきました。

この方法がなかなか面白いのです。

 

  1. 片方の鼻の穴にティッシュを詰める(鼻血が出た時みたいに)

    f:id:okan-no-seicho:20191201003105p:plain

  2. ティッシュの詰まっていないほうの鼻の穴を指で押さえる

    f:id:okan-no-seicho:20191201003210p:plain

  3. ティッシュを飛ばすように鼻から息をふん!!っと出す

    f:id:okan-no-seicho:20191201003246p:plain

画像適当ですみません…技術が向上したらちゃんとします…

 

これで鼻から息を出す方法を教えることができます。

まず、親がやって見せてあげるといいですね。

目で見てわかるので、教える側もきちんとできているかわかりますね。

しかも、見た目が面白いから、子どもも喜んで練習してくれます。

長女は覚えてきたその日に、私たちに説明しながら上手にやって見せてくれました。

今まで、鼻のかみ方を教えるのに苦労していたのはなんだったの!?

 

どうですか!?

これでこれからやってくる鼻詰まりに立ち向かえそうですよね。

 

まだ、鼻がかめないお子さまがおられる方は是非、一緒に挑戦してみてください!

 鼻が詰まっていないときに練習してみましょう!

 

—————————————————-

 

ぽちっとしていただけると喜びます↓↓


人気ブログランキング

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる