あなたの子どもがおむつモデルに?

ミニベビーベッドが小さすぎ!レギュラーにすればよかった!【失敗談】

おかーーーん
おかーーーん

ベビーベッドが小さいんだけど…

今回は、安直な考えでミニベビーベッドを選び、失敗したお話です。

出産前は、ベビーベッドがいるかどうか?
ベビーベッドを準備することに決めたけど、サイズはどうしようか?

かなり悩みどころなのではないでしょうか。

この記事を読むと…
  • ベビーベッドについてわかる
  • ベビーベッド選びのヒントが得られる

私は次女に、ミニベビーベッドを用意しました。
そして、次女がもうすぐ4ヶ月になる頃、気づいてしまったのです…

ベビーベッドが小さいということに!


私の失敗談を元に、みなさんがより良い選択を短時間でできるお手伝いになればと思います。

結論を先に言うと、置き場に問題ない人は、迷わずスタンダードサイズのベッドかシングルベッドを買ってください!

目次

ベビーベッドはそもそも必要なのか

ベビーベッドは、正直あったほうがいいですが、なくても困りません。

ただし、大人用の布団で添い寝はリスクがあるので、やめておきましょう。

大人用の布団は、敷布団が柔らかく、掛け布団が重いです。
また、一緒に眠っている大人の寝相や、添い乳によるお母さんの寝落ちによって、赤ちゃんの窒息のリスクが高まります。

大人用の寝具の仕様と添い寝をしなければ、ベビー布団のみ準備し、大人の布団から少し離れたところで寝かせるのもありです。

また、寝室での使用以外に、昼間リビングで過ごすのに、上の子やペットがいるので、不測の事態に備え準備を考える人もいると思います。

ベビーベッドはあくまで、赤ちゃんを危険から守る手段の一つです。
部屋の状況を確認し、総合的に判断しましょう。

おかーーーん
おかーーーん

昼間のリビングでは、ベビーサークルという意見もあるね!
ベビーサークルの方が長期的に使えそう。

ネントレにはベビーベッド?

ネントレを検討されている方は、よく「部屋やベッドは別で」と聞くと思いますが、子どもが眠る瞬間がひとりであれば良いので、無理にベビーベッドを用意する必要はありません。

ちなみに私は、長女の時は、ベビーベッドは用意しませんでした。「高価、大きい、使用後の保管に困る」という理由です。

先のことを考え、大人用のシングルベッドを購入し、使用していました。もちろん、ネントレには全く影響がありませんでした。

けれど今回は、長女が遊び盛りであることを配慮して、危険回避のためにベビーベッドを準備することにしました。

ベビーベッドはいつまで使う?

規格としては国産であれば、最大2歳まで使用できるようです。
けれど、実際はそんなに長く使用する方はほとんどおられないと思いますが…

ベビーベッドを使わなくなる目安は、

  • 首が座り、寝返りがうてる(6ヶ月頃)
  • つかまり立ちを始める(8ヶ月頃)

上記のタイミングが多いそうです。

長期的に使用する場合は、重たい赤ちゃんを微妙な高さのベッドに寝かせるのは一苦労です。

おかーーーん
おかーーーん

でも寝返りうてるから、さあ卒業!というのも、怖い気が…
私は使える限り使っていくよ!(すでに小さいけど…)

ベビーベッドのサイズ

ベビーベッドの一般的なサイズは下記の通り

  • スタンダード 120×70㎝
  • ミニ     60×90㎝

仮につかまり立ちを始める、生後8ヶ月まで使用するとして、男女ともに平均で70㎝近くに成長していることになります。

赤ちゃんの体重の目安が知りたい!月齢別体重・身長の平均 

じゃあ、どっちも問題なく使えそうですよね?
ミニでも20㎝空いていれば十分!

そう思い、私はミニのベビーベッドを用意しました。

おかーーーん
おかーーーん

この安直な考えがいけなかった…

ミニベビーベッドを使ってみた

ベビーベッドは大型で試用期間も短期なので、安く中古を入手する方向で考えました。ミニのベビーベッドをジモティーで1,000円で譲り受けました。

その後、「貸してあげたのに」という知人が続出したので、先に知人にあたってみればよかった。みなさんはぜひ、先に知人にあたってみてください!

リビングに設置して、長女の激しい遊びから守ろうと考えていましたが、結局寝室に設置し、新生児期から使用しました。

次女がベビーベッドで寝るので、私も安心してぐっすり眠れました。

長女と次女が激突!なんてこともありません。

けれど、イマイチなところがちらほら…

手軽には動かせない

当初はリビングと寝室を行ったり来たりさせるつもりでした。

キャスターがついていますが、木製なので段差は持ち上げなければならず、断念。寝室で、眠る時のみ使用することになりました。

腰への負担

ベビーベッドで寝かせる時、中腰で次女を下ろさなければなりませんでした。

起きた時も、中腰で抱きかかえる。しかも、そろ〜りとおろしますよね。

お昼寝の多い新生児期〜今日まで。なかなか腰に負担がかかります。

布団×ベッドで腕に負担

我が家は私が布団、次女がベッドなのですが、夜中の授乳の時立ち上がらないと、腕の力だけでは抱きかかえるのが辛いです。

眠い目をこすりながら立ち上がり、次女を抱き上げる。
うーん…ちょっと辛い。

足の力でせり上がってくる

身長的にミニサイズで十分と思いきや…成長するにつれて、足の力もついて来ます。

足をバタバタさせて、上までせり上がってくるのです。

いくら下の方に寝かせていても、かなりの距離を移動。柵に頭をぶつけお怒りモードなこともしばしば。

おかーーーん
おかーーーん

ベビーベッドはあってよかったけど、ミニじゃない!

【まとめ】ベビーベッドを用意するならレギュラーサイズ

ベビーベッドを用意するなら、スタンダードサイズを強くお勧めします。

布団セットもスタンダードの方が、可愛いものが多いですし。
長く使えるし。
価格もピンキリだし。

あーーー!
失敗した!!

まあ、部屋に余裕があればですけれど。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる