【限定CP有】ひらがなが不安でも一人で使えるタブレット学習!【RISUきっず】

【あなたは大丈夫?】子どもを叱る時のNG行動5つ【今日から見直し】

あなたは、子どもを叱る時にやってはいけない行動があることを知っていますか?

全て当たり前のことなのですが、意外とやってしまいがち。

何気ない行動が、子どもの問題行動の悪循環になったり、心を傷つけたり…

あなたも今日からたった5つの行動を見直して、少しでも子どもを尊重する注意の仕方に変えていきましょう!

目次

やってはいけない!NG行動

全て当たり前のことです。
当てはまるものがあれば、意識して減らして行きましょう!

親の感情をぶつける

子どもの問題行動にカッと感情的になり、大きな声をあげて叱ったことはありませんか?

経験のある方は多いと思いますが、子どものしつけに関しては効果なしです。
大声やまくし立てるような口調は、子どもに恐怖を与えます。
恐怖を与える状況で話をしても、恐怖の方が勝ってしまい、子どもには伝わりません。

子どもに伝わらず、親はさらにイライラ…大きな声でまた叱る…の繰り返しです。

大人にも子どもにも利はありません。

いっそのこと、
「まだ子どもなんだから、私と同じように考えられる方が無理」
と割り切り、少し冷静になってから、仕切り直しましょう。

子どもの気持ちを傷つける

「自尊心」を尊重しようということです。

1つの失敗について、子どもの人格そのものを否定するような発言はやめましょう。
「何をやってもダメ」「要領が悪い」などの発言は、子どもの心を深く傷つけてしまいます。

自信がなくなると、様々なことへの意欲も削がれてしまいます。

頭ごなしに否定せず、まず子どもの気持ちを受け止めてあげましょう。
話を聞いてくれたという点で、子どもは認められたと感じます。
そこから丁寧に話をしていきいましょう。

他の人と比べる

金子みすゞさんの、「私と小鳥と鈴と」という詩をご存知でしょうか?

「みんなちがって、みんないい。」

全ての子どもに言えることです。
他の子どもと比べる必要はありません。
みんなそれぞれ、得手不得手があります。

それを他の大多数の子ができるからといって、できないことを責めるのはナンセンスです。

その子には、他の大多数の子にできないすごい特技があるのではないですか?
それぞれのペースで見守りましょう。

大人の意見が違う

お父さんとお母さんの教育方針がずれているということはありませんか?

お父さんとお母さんも、夫婦といえど生まれた場所も環境も違います。
育ちの違いで、いいことと悪いことが違うことも多々あります。

例えば我が家では、子どもが寝室にぬいぐるみを持っていくのがありか?なしか?という違いが夫婦間でありました。

夫はなし派。
私は1人で眠る時に、1体ならOKというものでした。

私が許していたので、長女はぬいぐるみを寝室に持って行き、その後夫に注意されてしまいました。
その後夫婦で相談し、1体ならOKとなりました。

本当に些細な違いでも子どもは混乱します。
しかも夫婦間のずれは、すぐには気づけません。

「今日、こんなことを注意した」
「私が子どもの頃はOKだったけど、どうだった?」
など、ちょっとしたことでも日頃から夫婦で話をしましょう。

祖父母も盲点なので、近況報告を兼ねてさらりと話しておくといいですね。

考えを押し付ける

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう

アインシュタインの有名な言葉ですね。

自分の物差しで、「その格好は変」や「普通の人はそんなことしない」など、自分の偏見を子どもに知らず知らず押し付けてはいませんか?

しかも、自分が当たり前だと思っているので、言われないと気づけません。

あなたの子どもは、あなたではありません。
全く別の人格を持った人間です。

考え方も好みも違います。

礼儀や安全面以外で、子どもに自分の考えを押し付けてはいないか考えてみましょう。

子どもは親に認められたい

では、子どもの問題行動にはどう対応すればいいのでしょうか?

「人間性の最も深い部分にある衝動、それは自分が重要な人物であるという認識を得たいという欲求である」

これはアメリカの哲学者、ジョン・デューイの言葉ですが、要はみんなに認められたい!ということです。
それはもちろん、子どももです。

そのために親がすることは、まずありのままの子どもを受け止めること。
そして、大切な存在であることを伝えることです。

子どもを叱る時も、「この子は私に認められたいのだ」という気持ちに気づいていると、伝える言葉は自ずと変わってきますよ。

【まとめ】親だって人間!そして発展途上!

親だって人間です。
そして、完璧ではありません。
自分が失敗することだってあります。

まだまだあなたは、発展途上です。

あなたがされて嬉しいことは、子どもも嬉しいことです。
あなたがされて嫌なことは、子どもも嫌なことです。


それを理解し、驕らず、子どもと対等に向き合って行きましょう。

ちなみに、私が子どもへの対応を参考にしている書籍がこちら。


一見、人を意のままに操る怪しい本にも見えますが、人への愛情がたっぷりの本です。
子どもはもちろん、会社やその他の人間関係全般に使える内容ですので、ぜひご一読ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる