【除菌対策も万全!】知育玩具はレンタルがお得!
スポンサーリンク

【ネントレ準備】お昼寝は部屋が暗くないと眠れない?簡単・低予算で部屋を暗くするには?

【ネントレ準備】お昼寝は部屋が暗くないと眠れない?簡単・低予算で部屋を暗くするには?ネントレ
サチコ
サチコ

ネントレでお昼寝するときは寝室を暗くしろっていうけど、暗くないと赤ちゃんは眠れないの?
遮光カーテンじゃないから、真っ暗にはならないのだけれど…

そんな悩みを解消します。

ネントレをするのに、提案される寝室の環境。必ずと言っていいほど、暗い部屋が推奨されています。

すでに寝室に遮光カーテンがあれば問題ないのですが、遮光カーテンでない家庭もあるかと思います。私もそうでした。

今は暗くしましたが、ネントレ開始時は寝室はブラインドのみで割と明るい状態でした。今回は、寝室を暗くするのをどうしようかと迷っている人に向けて、私の体験談を交えつつ、寝室を暗くすることの大切さをお話しします。>>実際のネントレレポはこちら

この記事でわかること
  • 寝室が暗い方がいい理由は?
  • 暗い部屋で寝ることはできないのか?
  • 低予算で寝室を暗くする方法は?

もちろん、ネントレをしていない人にも有効な話ですよ♪

結果的に、お昼寝の時に寝室が暗いと寝つきが良くなります。寝つきがいいと、赤ちゃんも泣くことが減り、ご機嫌になり…ハッピースパイラルが訪れます♪

スポンサーリンク

お昼寝はどうして暗い寝室がいいの?

お昼寝はどうして暗い寝室がいいの?
サチコ
サチコ

そもそも、どうして暗い部屋がいいの?

ネントレをする上で睡眠環境を整えるのは最重要事項!室温も大事だけど、部屋の環境もとっても大切なのです。

赤ちゃんが眠る時に部屋を暗くするのにはちゃんと意味があります。

  • 強い光が赤ちゃんの睡眠を妨げ
  • 周囲のものに目が行かないので、寝ることに集中できる
  • 同じ環境で、赤ちゃんが安心して眠れる

日光などの強い光は、赤ちゃんが眠りにつくには刺激が強すぎます。大人もお昼寝する時は薄暗い部屋の方が寝付きやすいですよね。

また、周りのものや柄が赤ちゃんの刺激になります。周囲のものに気を取られて興奮すると、上手く寝付けません。部屋の中がよく見えるのは、赤ちゃんにとってはそこら中に気になるおもちゃがあるようなもの。もちろん、寝室におもちゃは置かないようにしましょう。

そして、睡眠環境を毎回同じにすることで赤ちゃんの安心感がアップします。赤ちゃんは安心できると、スムーズに入眠できるようになります。寝付きやすい環境を整えたら、毎回同じ部屋で、同じ時間に、同じように眠りにつきましょう。

おかーーーん
おかーーーん

眠る時は部屋だけではなくアイテムなども統一すると寝つきが良くなる

明るくても眠れるんじゃないの?

部屋を暗くすることが赤ちゃんのお昼寝に重要なことはわかりましたが、もし明るくても寝てくれるならそれに越したことはありませんよね。余計な手間やお金もかかりません。

結論から言うと、明るい寝室でも眠ることは可能です。

私は長女と次女にネントレをしてきましたが、最初は明るい寝室でお昼寝をしていました。けれど、入眠にかなりの時間を要しました。ネントレをする上で、あまり泣かせたくないと思っていたのですが、明るい寝室で入眠に時間がかかるとうまく寝付けず疲れ切ってしまい子どもが泣くことが多かったです。

そして、寝付けない原因を色々考え、改善していく中で特に効果が高かったのが、寝室を暗くすることでした。ネントレが進み、スムーズに1人で眠れるようになると、真っ暗な部屋でなくても眠れるようになりました。なので、私が寝室を真っ暗に保っていたのは子どもが5ヶ月になるまでです。

それ以降は、直射日光は避け、寝室を曇りの日の部屋の中ぐらいの暗さで子どもを寝かせていました。

私個人の経験からいえば、1人で眠れるようになるまでは真っ暗にすることが重要であり、寝付きやすくなれば、薄暗いくらいでも眠れるようです。

おかーーーん
おかーーーん

それでも天気が悪く暗い日の方が寝つきがよかったから、やっぱり暗さは重要だね!

寝室を暗くするには?

寝室を暗くするには?
サチコ
サチコ

暗い寝室がいいのはわかったけど、うちの寝室には遮光カーテンがない…

暗い部屋が赤ちゃんの寝付きにもたらす影響はわかりましたね。

けれど、全ての人が寝室に遮光カーテンがあるわけではありません。大人が本来眠るのは夜なので、遮光カーテンがなくても困らない人も多いのでは?

遮光カーテンの新調も視野に入れ、寝室を暗くする方法を考えていきましょう。

おかーーーん
おかーーーん

ライフスタイルや費用対効果を考えて選んでね!

遮光カーテンを新調

遮光カーテンは確実に寝室を暗くすることができます。採寸や生地の価格など、手間もお金もかかるけれど、そのぶん効果はテキメンです。

開閉も簡単で、部屋の換気もしやすいです。

お昼寝は子どもが5歳くらいまでは必要なので、長く使えます。そもそも、寝室が遮光カーテンで困ることはほとんどないので、子どもが5歳までと言わず、ずっと使用できますね。

>>Amazonの口コミを確認

  • インテリア性が高い
  • ずっと使える
  • 使い勝手がいい
  • 採寸が手間
  • カーテンが高価

手間がかかるので、産後に採寸、選定するのは大変です。できれば出産前に選んでおきたいですね。

おかーーーん
おかーーーん

高価な手段だけど、この機会にカーテンを新調するのもありだね。

暗幕で代用

遮光カーテンを設置するほど予算がないという人は、暗幕でも大丈夫。賃貸で引越しが多い人や、模様替えが好きで寝室がコロコロ変わる人も暗幕の方が利便性は高いです。

窓の採寸は必要ですが、カーテンほど神経質になる必要はありません。窓より一回り大きめを選ぶだけです。

こちらの商品のように、クリップ付属のものがあれば、窓枠に簡単に止めることができます。

>>Amazonの口コミを確認

暗幕と言っても、様々な種類があるので、ショッピングサイトで【暗幕】と検索してみてください。失敗しないポイントは、生地の厚さと遮光性。暗幕と言っても、バックスクリーンに使うだけの薄い生地のものがあります。ただ評価が高いからと言って安心せずに、口コミを確認してください。購入者が遮光のために使っているのか、撮影用のバックスクリーンに使っているのかわかります。

バックスクリーン用の生地でもある程度遮光できるものがあるので、遮光に使っている人の意見を参考にして購入しましょう。

おかーーーん
おかーーーん

見た目だけではわからなので、口コミはきちんと確認しよう!
低評価から見ていくと、参考になる口コミが出てくるよ。

  • 安価に設置できる
  • 取り外しできる
  • 暗幕の2次利用が可能
  • 生地の選定に注意が必要
  • 閉めっぱなしは結露・カビの原因に…
  • インテリアとしてはイマイチ

我が家の寝室はブラインドなので、カーテンを付けるわけにもいかず、価格も安く抑えたかったため、上記の暗幕を購入しました。生地は比較的薄め。もともと暗い部屋、ブラインドや遮光でないカーテンがすでにある部屋ならこの暗幕はかなりのお値打ちで部屋を暗くするには十分です。

ただし、日当たりのいい部屋や日を遮るものがない場合は、結構眩しいので、別の遮光性の高い暗幕を選んでください。

おかーーーん
おかーーーん

特大の窓が2つあるけど、約3000円で暗くできたよ!

【まとめ】部屋を暗くするだけでも、寝つきはよくなる!

【まとめ】部屋を暗くするだけでも、寝つきはよくなる

部屋を暗くすることが、いかに赤ちゃんの寝付きに重要なことか理解いただけたでしょうか?

眠るまでの時間を短縮すれば、赤ちゃんが眠れなくて辛い思いをする時間を減らすことができ、無駄な寝かしつけの時間を削減することができます。

お互いにとってwin-winであることは間違い無いでしょう。

最初の手間やコストはかかりますが、かなりの効果があるので赤ちゃんが眠る部屋が明るいと言う人は早めに暗くするよう段取りをしておきましょう!

手間コスト効果インテリア汎用性
遮光カーテン
暗幕

遮光カーテンと暗幕では圧倒的に遮光カーテンが効果が高いですが、手間とコストも高いです。どうしても安く済ませたいと言う人や、取り付け位置の変更が多い可能性がある人には圧倒的に暗幕がおすすめ。

それぞれの予算やライフスタイルに合わせて選んでください!

おかーーーん
おかーーーん

スムーズな寝かしつけで、心のゆとりを手にしてください!

参考にしているネントレ本はこちら🔽

ベストセラーのネントレ本🔽

タイトルとURLをコピーしました