【限定CP有】ひらがなが不安でも一人で使えるタブレット学習!【RISUきっず】

次の授乳までに帰宅可能!育児中の手軽な息抜き方法5選

悩めるうさぎ
悩めるうさぎ

毎日子どもの世話ばかりで、なんだかぐったり…

おかーーーん
おかーーーん

子どもと過ごす日々は、かけがえのない時間。
だけど、お母さんだってたまには息抜きしたいよね。

悩めるうさぎ
悩めるうさぎ

そうそう!
けれど、実際は夫でも長時間預けるのも心配なんだよね…

おかーーーん
おかーーーん

じゃあ、実際に私がやって、リフレッシュ効果の高かった息抜き方法を紹介するよ!
帰宅まで1時間半が目標だよ。

悩めるうさぎ
悩めるうさぎ

1時間半なら、なんとか子どもを預けられそう!

子どものお世話で消耗しきったお母さんのために、簡単な息抜き方法をご紹介!

移動時間を含めても1時間半で帰宅が目標です。

授乳が必要な赤ちゃんがいても、次の授乳までに帰って来れます。

お昼寝だけ預ける人にお願いすれば、なんとか外出できそうですよね?

息がつまると感じている方は、できそうなことからやって見てください。

こんなお母さんに向けた記事です
  • なんだか疲れが取れない
  • 毎日同じことの繰り返しで嫌になる
  • 赤ちゃんの泣き声が耳障り
  • 赤ちゃんが可愛く思えない瞬間がある
  • 周囲の人に気を使うのに疲れた
  • 出かけたいけど、長時間赤ちゃんを預けるのは不安

当てはまったら、要チェックです!

目次

育児中はとにかくストレスがたまる

育児中のお母さんは、何かしら自分を犠牲にして生活しています。

特に育児休業中のお母さんは、四六時中、会話のできない赤ちゃんと向き合っていかないといけません。

おかーーーん
おかーーーん

気持ちに余裕があれば、赤ちゃんの要求を汲みとれるけど、余裕がないときは何も見えなくなりがち…

常に子どもを中心とした生活

育児中は、思うように時間を使う事ができません。

常に子ども中心で、イレギュラーが多々発生します。

起こりうるトラブルをあらかじめ想定して予定を組んでも、トラブル発生で計画がこっぱみじん!

お母さんは誰しも、経験した事があると思います。

夫婦間の子育てに対する考えのギャップ

男性の育児参加が叫ばれる時代になっても、昔の風習を引きずる男性や、やった気持ちになっている男性があとをたちません。

ちょうど今お父さんになっている世代の親の影響が多分にあると思いますが。

夫婦間の子育てに対する考えのギャップが、じわじわとお母さんの首をしめていることも…

けれど、育児に参加するお父さんは、年々増加してきています。

ワーキングマザーが増えている中、うれしいことですね。

悩めるうさぎ
悩めるうさぎ

ギャップは夫婦間できちんと話し合う事が必要だよね。
それがなかなか、難しいんだけど。

おかーーーん
おかーーーん

育児は子どもが大きくなるまで、ずっと続くよ。
早めに意見を擦り合わせておきたいよね。

周囲の人への配慮による気疲れ

育児中は、周囲への配慮に精神をすり減らしてしまいます。

  • 赤ちゃんの泣き声が近所に聞こえるのではないか
  • 泣き止まない赤ちゃんの声に、虐待を疑われるのではないか
  • 外出先で泣き出したらどうしよう
  • 外出先で、いくらあやしても泣き止んでくれない
  • 飲食店で、食べ終わるまでにいい子にしていてくれるだろうか
  • 触ってはいけないものに手を出さないか

考え出したらキリがないですね。

集合住宅であれ、一戸建てであれ。
自家用車であれ、公共交通機関であれ。

心配事は絶えません…

1人で手軽にリフレッシュ!

育児中にイライラしてしまうことは、決して珍しいことではありません。

けれど、イライラした気持ちをそのまま溜め込むことは、お母さんにとっても子どもにとってもいいことはありませんよね。

上手くガス抜きをして、心にゆとりを持って、ちょっとしたことなら笑い飛ばせるようなお母さんになりたいですよね。

おかーーーん
おかーーーん

自分なりのストレス解消法が必要だね!

そしてこれから紹介する方法は、外出から1時間半で帰宅することを想定した息抜きです。

授乳期の赤ちゃんがいる方でも、授乳して次の授乳までに帰って来れる時間ですね。

リフレッシュのポイント
  • 1人で外出すること
  • 知人に出会わない場所を選ぶこと

ポイントは2点です。

まず、1人で外出することです。

身軽で、予定の擦り合わせも不要。

相手の言動にモヤモヤすることもありません。

次に、なるべく知人に出会わない場所を選ぶこと。

外出先で知人に出会うと、井戸端会議になってせっかくのリフレッシュタイムが一瞬で終了してしまいます。

しかも不完全燃焼…

なので、場所選びは重要ですよ。

では、早速リフレッシュ方法を見ていきましょう。

少し離れた場所で散歩

リフレッシュの定番、散歩!
ジョギングでもいいですよ。

持ち物を最小限にして出かけましょう!

スマホと小銭、飲み物くらいですかね。

子どもを連れずに歩く外は、こうも自由なものなのか。

1人で歩く開放感に浸りましょう。

散歩コースは自宅から少しはなれた場所です。

家の近くの散歩は、ご近所さんの宝庫です。

捕まるよ〜!!

おかーーーん
おかーーーん

仲のいいご近所さんは、赤ちゃん情報を根掘り葉掘り聞きたがるよ〜

カフェでまったり

最近、ゆっくりとコーヒーを飲む時間もないのでは?

1人で飲食店に入るのはムリという人でも、カフェならハードル低いのでは?

ただぼけ〜っとするもよし。
スマホでネットサーフィンもよし。

1人で美味しいスイーツ食べるのも楽しいですよね。

家族の誰にも内緒で美味しいスイーツとか…

テンション上がりますね!

図書館で読書

日頃から子どもの騒ぐ声や、赤ちゃんの泣き声にどっぷりなお母さんには、静かな図書館はいかがでしょうか?

図書館は静かで空気の流れもゆっくりで、案外落ち着きます。

綺麗な図書館なら、窓際にカウチ置いてあるところもありますよね。

雑誌も豊富に置いてあるので、巷の情報収集にも最適。

そして、その素敵な施設の利用料は無料!

おかーーーん
おかーーーん

ファッション誌など、見るだけで楽しいものが案外豊富にありますよ

カラオケで大声を出す

子育ては、子どもの大きな声を聞く機会が多いですよね。

騒ぎごえや、泣き声など…

けれど、あなた自信が大声を出す機会はほとんどないですよね。

周囲に迷惑をかけないように、静かに静かに生活する日々なので。

たまには、マイクで大声を出してみませんか?

一人カラオケは、恥ずかしいと思われがちですが、部屋に入ってしまえばこっちのものです。

1人カラオケのおすすめポイント
  • 個室なので周囲が気にならない
  • 誰にも会わずに済む空間の確保
  • 選曲に気を使わない
  • 大声を出し放題
  • 歌が上手くなても問題なし
おかーーーん
おかーーーん

さすがに奇声を発しているとバレるけど、普通に歌うだけなら防音だからうまさはそこまで気にならないよ。

お店に入る勇気さえあれば、リフレッシュ効果大です!

私はカフェ感覚で入れるので余裕ですが。

おかーーーん
おかーーーん

本当に誰もそんなに気にしてないから。
(元大手チェーンスタッフ)

温泉でゆったり

温泉も効果絶大なリフレッシュの一つです。

普段は子どもと入浴し、ササーーーッと洗ってお風呂をあげる生活ではありませんか?

妊娠中も、大きなお腹で温泉に行けませんでしたよね。

最後に足を伸ばして大きなお風呂に入ったのはいつでしょうか?

大きなお風呂は心まで丸ごと洗ってくれる気がします。

場合によっては、ジャグジー、露天風呂、サウナ…

様々な癒しの施設があなたを待っています。

産後の体で温泉がはずかしいという方もおられると思いますが、これも案外見られてません。

あなたは温泉に入っている他の人の体を凝視しますか?

なかなか見づらいですよね?

【まとめ】短時間でも1人時間でリフレッシュ

いかがでしたか。

どれも短時間で帰って来れるものばかりです。

1人で行動して、心の回復にだけ時間を使うので、短時間でも効果絶大です!

夫やその他の家族、ファミリーサポートなどを利用して、あなたの心の限界が来る前にゆったりリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

まだまだ長い、育児生活。

根詰めずにゆったりやっていきましょう!

おかーーーん
おかーーーん

子どもたちも、笑顔のお母さんが大好きだよ〜

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる